整体の歴史

現在の整体のはじまりは、現在から2千年前の中国の椎拿(すいな)が発祥で有ると言う考えが一般的なようです。

日本武術に伝わる手技療法に伝統中国医学の手技療法や、大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米の手技療法など様々な手技療法を治療家達が発達させ、現在の整体を確立してきました。

椎拿は手技の一種で、主に骨格や筋肉を調整を施し、中国では外科や内科と同様に椎拿科があり体の不調全般の調整やリハビリテーション等に用いられている手技療法です。

日本での整体の発祥はさだかではありませんが、西洋では1874年にアンドリュー・テイラー・スティルによって発表されたオステオパシーが整体の初めとされています。

なお、柔道整復師(接骨院,整骨院)とは、施す治療に対する思想もまったく違い、施術内容もまったく異なります。

関連カテゴリー: 整体・カイロプラクティックについて

スポンサード リンク